Person Realty Inc.
737 Deep Valley Dr. Rolling Hills Estate, CA 90274
TEL: 310-989-0937

e-mail:fyasokawa@hotmail.com

Home L.A.基本情報 『車』 銀行、カード ファーマーズマーケット 買い物 お役立ちサイト
ロサンジェルス基本情報


【銀行口座】

アメリカで多額の現金を持ち歩くのはタブー。 アメリカ人はほとんど現金を持ち歩いていません。
支払いは小切手(パーソナルチェック)やクレジットカード、ATMでするのが一般的です。 
まず、銀行へ行き口座を作ります。 銀行口座を開設し、小切手やATMで支払いをして銀行を活用していくうちに、
クレジットカードを取得したり、ローンを組むことが可能になります。
 
銀行口座を開くにはソーシャルセキュリティーナンバーが必要になりますが、渡米したばかりでまだナンバーを
取得していない場合でも、パスポートを提示し、現金を入金して口座を作ることができます。 
銀行によってソーシャルセキュリティーがなくとも作れるところとそうでないところがありますので事前に調べる
必要があります。(日系の銀行のほうが可能性は高い)

日系銀行  日本語を話す行員がいるところもある。

   Union Bank of California   東京三菱系 日本人の行員が比較的多い
   California Bank & Trast   旧住友銀行
   Bank of The West
 
米系銀行
   Citi Bank (日本語URL)
   Wells Fargo Bank
   Bank of America
     Chase Bank

       

口座には基本的にチェッキングアカウント(小切手口座)とセービングアカウント(貯蓄口座)の2種類.
それぞれ銀行によってサービス、手数料(Bank Charge)、金利などが違います。

口座には無数の種類があります。
 *利子の有無。 
 *利子は付かないが残高の額は限定されない。
 *利子が付くが、残高の額が定められ、定められた残高を割ると料金(Bank Charge)がかかる
 *一ヶ月の小切手の使用枚数が限定され、それ以上使用すると料金(Bank Charge)がかかる。
などと種類によって料金のかかるものががあるので、利用度などを考慮上、銀行を賢く利用しましょう。

定期預金はCDと呼ばれ、1ヶ月の定期からできます。銀行によって金利がかなり違ってきます。

知って得する情報. このサイトで金利をチェックできます。

チェッキングアカウントを作ると、銀行から小切手帳(パーソナルチェック)が送られてきます.
パーソナルチェックで家賃、公共料金、その他の支払いに使います。
手続きをして銀行自動引き落としにすることもできます。
また口座を開設すると ATMカードが発行され、カードで買い物したり、入金、現金の引きが24時間いつでも
ATMマシンでできます。 ATMマシーンから引き出せる金額は銀行によっても違いますが一日$300〜$500が
一般的です。

ATMは支払いをした時点で口座から引き落とされます。
チェックは支払い先が銀行に入金した時点で口座から引き落とされます。
チェックの支払い額が銀行の残高を超えると、NSF(Non Sufficient Fund)といって不当りチェックになり,発行した銀行
に返されてきます。支払いを別の方法で行うか、銀行に補足分を入金して、チェックを切り直します。 
手数料がかかる上に、NSFでチェックが戻ると、クレジットヒストリーに記録され、クレジットスコアーが悪くなり、、
家を借りるときやローンをするときに不利な条件となってしまいます。 
大きな金額のチェックで支払うときは残高を確認するようにしましょう。

ATMカードのほかにデビットカードと呼ばれるATMカードにクレジットカードの機能のついたものがあります。
ATMで買い物をしながら、同時に Cash Back ができ、わざわざ銀行に行かなくとも現金が引き出せ便利。 
レジにある機械で、Debt を選択し、Cash Back <Yes> を押して現金の引き出し額を指定する。
(1日の限定された額まで Cash Back できます)

小切手帳は銀行で作りますが、下記の会社に申し込むといろいろな柄のチェックがオーダーできます。

www.checksUnlimited.com

www.imagechecks.com
www.citm.com (ハローキティーのチェックもあり)  





【クレジットカード】

カード社会のアメリカではクレジットカードがないと不便なことがあります。 
レンタカー、ホテルの予約には必ずクレジットカードが必要となります。 
銀行系のカードから航空会社、ガソリンスタンド、デパート、専門店等が発行しているカードと様々な種類があります。 
しかしながら、渡米したばかりでクレジットヒストリーがないとクレジットカードを作るのが困難です。
日本のビザやマスターカードを持っていればどこでも使用でき、クレジットカードを取得するまで利用でき便利です。

    アメリカにクレジットヒストリーのない方でも作れる プレミオ があります。

銀行口座を作りパーソナルチェックやATMを使用していくと、銀行からクレジットカードの申し込み用紙が送られてきます。
ひとたびカードを取得すると、クレジットカード会社からカードの申し込み用紙がダイレクトメールでどんどん送られてきます。
やみくもに申し込んで、必要以上のカードを作るのは考え物です。 
あまりたくさんのカードを持っていると、クレジット暦が悪くなることになります。  
年会費、年利、マイレージなどの特典があるもの、ETC.、と様々な種類のカードがあります。  
条件などしっかりチェックして申し込みましょう。
必要ない申し込み用紙は必ず破いて捨てましょう。 
他人の捨てたカード申し込み用紙を悪用されることがあります。
(住所、氏名、口座番号などが明記されているものは必ず破り裂いて捨てること。

支払いは毎月カード会社が請求書を送ってきますので、カード会社にチェックを郵送します。 
請求書には最低支払額が明記されていて、一度に請求書の全額を支払わなくとも良いのですが、残金に金利がつき、
知らないうちに残金が膨大な金額に膨れ上がりますので注意してください。 
また、支払日(Due Date) を過ぎると金利が付き、クレジットレコードにも影響されますので支払日に遅れないよう
早めにチェックを送ることをおすすめします。郵便が遅れることが頻繁にあります。 




クレジットカードを使った犯罪が頻繁におきていますので、保管にはくれぐれも気をつけ、他人にカードナンバーを
知られないよう注意しましょう。






    Copyright(C)2010 カリフォルニア不動産情報  All Rights Reserved.                                               トップページへ
  .                          
       
銀行口座とクレジットカード